デニス・ロッドマンと探偵

デニス・ロッドマン・・・彼はNBA史上最高のリバウンダーとも呼ばれる男です。派手な得点シーンが目立つプロバスケットボール界において、『得点?何それ』ともいうような態度をとり、リバウンドとディフェンスという、地味な裏方仕事に徹したプレイヤーでした。

得点シーンが目立つプロバスケットボール界

そして、NBA史上最高のリバウンダーであると同時に、NBA史上最高のトラブルメーカーだったのです。派手な髪型、プロレスに挑戦、本を出版、あと日本海の向こうのあっちの国でバスケしてみたりとかって引退後も話題に事欠かず日本でも非常に人気のあるプレイヤー。

悪行?の数々

彼が最初に所属したチームは『デトロイト・ピストンズ』です(ピストンズは長い苦闘の末、2003-2004シーズンについにNBAチャンピオンに返り咲きました。その後ロッドマンに似たプレースタイルを持つ『ベン・ウォーレス』が所属したのは偶然でしょうか)。

当時のピストンズは『バッド・ボーイズ』と呼ばれ、ラフなプレイで相手を圧倒していました。しょっちゅう対戦相手を怪我させたり、喧嘩して退場になったり、『バッド・ボーイズ』晩年には試合終了前に引き上げてしまったり。

そして、ロッドマンの奇行?はトレード後も止まりません。審判に頭突き、客席にボールを蹴り込む、カメラマンの股間をヒット、彼は皆が出来ないありとあらゆることをやってのけ、試合を見ている我々を『楽しませて』くれたのです。

試合を見ている我々を『楽しませて』くれた

やあ、私は私立探偵だ

ロッドマンはある時言いました。『人はロビンソン(ロッドマンのチームメイト)がオラジュワン(NBA屈指のセンター)をどのようにあしらうかを見たくてチャンネルを合わせるのではない。人々は俺が次に何をしでかすかを見たくてチャンネルを合わせたのだ』(ロッドマン著「ワルがままに」より)

彼の行動を理解してくれたコーチやチームメイトもいます。そして、彼の言う通り、人々はロッドマンの破天荒な行動を毎試合楽しみにしていました。しかし、そのとんでもない行動の数々に眉をひそめたリーグ側は、探偵を雇って彼を尾行させたのです。

ただ、やっぱりこの点においてはリーグ側にかなり問題があったと言えるでしょうね。ロッドマンを含めた当時のピストンズが試合中・試合外でやらかす悪行(?)の数々を、逆に観客を引きつけるネタとして扱っていたわけですから。

ピストンズが試合中・試合外でやらかす悪行

「もっとやれ!もっと目立つことをして観客と視聴者を増やせ!(そして我々に儲けさせろ)」と言いながら「(もう十分儲けるベースは整ったから)お前らは悪いやつだから出て行け」ということをやっているわけで・・・。

 
ロッドマンは著書の中でこの探偵尾行事件についてこう語っています。
『コーチが尾行の存在を教えてくれた』
『俺の所へきて「私は私立探偵だ」とは誰も言わなかった』

 

そりゃそうだろ

『デニス・ロッドマンと探偵2』へ続く

効率よく簡単に筋肉をつけたい人のサプリ・・・らしい

ディープチェンジHMB

あまり辛いトレーニングとかをしたくない・・・という人が使っているサプリメントのようです。一人だとトレーニングが続かないとか仕事で忙しくて時間が取れないとかっていうこともありますので。

ただ、正直なところを言うと下で紹介しているような筋トレマニュアルに沿ってトレーニングしてもらったほうが良いでしょう。

どうしてもちゃんとした方法で筋力アップできないという人向けですね。最後の手段っていう感じです。真面目にトレーニングして筋力アップさせたい人はクリックしないほうが良いと思います。

⇒ 効率よく最短・最速で理想のカラダを手に入れたい男性にDCH ディープチェンジHMB

マニュアルに添って進めるなら

⇒ 本気で筋肉を発達させるバルクアップマニュアル~筋トレの本質が分かる~

食事・休養・トレーニングについて基礎から学習し直し、その上で効率よく筋肉を発達させるプログラム。初心者~中級者向け。



・ガリガリで貧相な身体を鍛えて女性にモテたい方に
・筋トレを効率よく行って他の趣味の時間も作り出したい方に
・どんなに頑張って筋トレしても筋肉がつかないと悩んでいる方に

ある程度の経験者はこちらを使っても良いと思います。
サブコンテンツ

このページの先頭へ