怠惰で三日坊主のあなたが楽に痩せたいならこの筋トレ

まーとにかく筋トレは面倒くさいものです。スポーツでの競技力向上を目的としていないのであれば特に楽しくもなんともないですし。その上でちゃんと筋力アップさせて消費カロリーをあげようとするとそれなりにちゃんとやらなければならないわけですよ。週に2回とか3回、息が上がってゼイゼイ言うくらいまで。

>>> そんなの楽にできて簡単に痩せられた方がいいじゃないですか。そんでもってモテたらカンペキ。

でも、こういった(↑)トレーニングマニュアルにお金を出したくないケチはなんとかもう少し楽して簡単に痩せられる筋トレの方法はないかなーと考えだすわけです。そうでしょ?私だって楽して痩せられるんだったらその方がいいですよ。で、色々と考えてみました。まずはどんなトレーニング・どんな動作だとキツイと感じるのか。

体重80キロにとって腕立て伏せはキツイ!

筋トレ初心者が挫折する一番の原因になっているトレーニングが腕立て伏せだと思います。『普通の体勢で難しい人は高い位置に手をつきましょう』なーんて、そんなことしようがキツイもんはキツイんだよ!せいぜい1回、良くても2回くらいしかできなくて諦めちゃう人の方が多いと思います。腕とか胸に来る前に腰が痛くなるしね。

歩くだけで膝が痛むような人間にスクワットはキツイ!

大きな筋肉を鍛えると消費カロリーも上がるというわけで、初心者向けとして採用されることの多いスクワット。でも実はスクワットって初心者向けじゃないんですよ!本格的な筋トレを始めた時、初心者がやるべきなのはマシーンを使ったレッグプレス。これは座った状態で行う脚のトレーニングです。スクワットはその次の段階。なぜなら全身のバランスが必要だし、オールアウトまで追い込むのは結構集中力がいるから。

楽して筋トレしたいならこうしろ!

ということで、楽に痩せたいという人は腕立て伏せとスクワットは避けてトレーニングしましょう。で、どんな筋トレを選ぶかというと、立った状態での腕立て伏せ。壁に向かって立ち、ちょっと体を斜めに傾けて壁に向かって腕立て伏せしてみましょう。台の上に手を載せた程度の腕立て伏せでは楽にならないんです。このくらい強度を落としてトレーニングしないと『楽』とは言えないでしょう。

スクワットの代わりに最初にやりたいのは、両足を肩幅の倍くらいに開いた状態で行うワイドスタンススクワット。手は頭の後ろではなく体の前に下ろしておきます。普通のスクワットがバランスを取るのが大変なのに対して、足を開いた状態だと手が床に届きそう(届きそう、という感じが大事)な状態でできるので、非常に精神的な負担が小さくなります。単純にバランスも取りやすいですしね。

楽すぎるならダンベルを持つことも出来ますし、上下幅を大きくすることでも負荷を上げることが可能です。冒頭に紹介したトレーニング法の作者が怪しい(笑)と思った場合には、こっちのまともな方のトレーニング法を実践してください。

【参考】

2010年夏、いつも通っていたジムは夏季休業に。

夏季休業が終わったタイミングで私は旅行に。ジムが始まったのに私が夏季休業(笑)

旅行終わり。今度は実家へ帰省。ジムは営業中。でも私はジムお休み(笑)

 
なんて優雅な夏休みでしょうか。

なんて素晴らしい夏の日々。でも暑い。

暑い昼間はどうするか?
そうです、食べ物が必要です。アイスとか、スイカとか、甘ったるいアイスとかを食べなくてはいけませんよね。
暑い夜間はどうするか?
飲み物が必要ですよね。酒を飲み、ジュースを飲み、酒を飲む。おつまみも必要ですね。デザートにはアイスですよね。

 
結果。。。

4キロアーーーーーップ!!

「おや、顔も人間も丸くなったねぇ(微笑)」

なんて周りに言われる始末。

 
さて、どうしましょうか。

こんなサイトを作っているからには、筋トレをメインにしてダイエットしなければなるまい。

 
ってことで、筋トレしてました。

週2回、3種目からスタート。

腕立て伏せ・ワンハンドベントオーバーローイング・スクワット。

あ、ワンハンドベントオーバーローイングってのはなんか難しい名前がついてますけどそんな難しい筋トレではありません。自宅で十分可能です。

 
負荷を10回前後に調整し(ウエイトを上げたりスピードを下げたり)、3セットずつ。

初回は筋肉痛が長くなりますから3日空けました。慣れたら週3回に。
まぁ「慣れたら」って言ってる時点でそれまでの期間筋トレをサボりにサボっていたのはバレバレですね。

長期間サボった後の筋トレっていうのは結構筋肉痛がひどくなります。特に、ある程度ちゃんとトレーニング記録をつけている場合には、筋力が低下しているにもかかわらず以前に近い重量や回数をこなそうとするので次の日から筋肉痛に悩まされることになるでしょう。

普段からそのくらい頑張ればいいんですけどね。

ちなみに、筋トレだけしかしていなかったわけではなく、筋トレ休みの日はWiiFitで有酸素運動をちょこちょこと。

 
結果、1ヶ月半くらいで4キロ減量し、元の体重に復帰することができたのでした。美味い飯が食えるぜ(笑)

【参考】

ベンチプレスを行うと、必ず肩が痛くなるという人は少なくないと思います。人によっては「何か肩が痛いな」という程度のものではなく、「関節・骨がギシギシする」という症状が発生することもあります。主な原因は2つ。

■バーベルが両肩のラインと平行な位置にある
■バーベルを下げるときに、下まで下げすぎている

○対処法

感覚的に、両肩のラインとバーベルを平行な位置に置くことが、最も力が入りやすいようなイメージがあります。しかし、人間の体のつくりから考えるとこれは不自然な動きなので、バーベルの位置は両肩を結んだラインではなく、胸の上部に来るような場所に設定してトレーニングを行うことが望ましいでしょう。

また、バーベルを下げるときに下まで下げすぎるのは、肩関節などが過剰にストレッチされてしまうため、肩の痛みを誘発することがあります。重いウエイトを使うときは、関節稼動域の限界でトレーニングするのは必ずしも良いことではありません。

ベンチプレスを原因とする肩の故障だけではなく、筋力トレーニングで怪我をしてしまった場合には完治するまで(少なくとも対象部位の)トレーニングは控えた方が賢明です。騙し騙しトレーニングをしようとするとなかなか故障は治らなかったり、逆に悪化することが多いですから。

どうしてもトレーニングを続けたいという場合には、故障した部位とは全然関係のない筋肉のトレーニングをした方がいいでしょう。また、この場合にはフリーウエイトではなくマシントレーニングを採用するとある程度は故障部位の負担を減らすことができるのではないでしょうか?

ただ、腹筋や背筋など体の中心部に近い部分の故障だとなかなかトレーニングできる場所は少ないと思います。肩の故障であれば脚部のトレーニングが出来るのですが、腹筋や背筋の故障の場合には大人しくしていましょう。せいぜいストレッチをする程度になるのではないかと思います。

効率よく簡単に筋肉をつけたい人のサプリ・・・らしい

ディープチェンジHMB

あまり辛いトレーニングとかをしたくない・・・という人が使っているサプリメントのようです。一人だとトレーニングが続かないとか仕事で忙しくて時間が取れないとかっていうこともありますので。

ただ、正直なところを言うと下で紹介しているような筋トレマニュアルに沿ってトレーニングしてもらったほうが良いでしょう。

どうしてもちゃんとした方法で筋力アップできないという人向けですね。最後の手段っていう感じです。真面目にトレーニングして筋力アップさせたい人はクリックしないほうが良いと思います。

⇒ 効率よく最短・最速で理想のカラダを手に入れたい男性にDCH ディープチェンジHMB

マニュアルに添って進めるなら

⇒ 本気で筋肉を発達させるバルクアップマニュアル~筋トレの本質が分かる~

食事・休養・トレーニングについて基礎から学習し直し、その上で効率よく筋肉を発達させるプログラム。初心者~中級者向け。



・ガリガリで貧相な身体を鍛えて女性にモテたい方に
・筋トレを効率よく行って他の趣味の時間も作り出したい方に
・どんなに頑張って筋トレしても筋肉がつかないと悩んでいる方に

ある程度の経験者はこちらを使っても良いと思います。
サブコンテンツ

このページの先頭へ