毎日筋トレして女性にモテたいという人は

筋肉痛や超回復を考えた場合であっても、毎日トレーニングしたいという気持ちになる時はありますよね。特にスポーツをしているという人や、夏までに何とかして痩せたいという女性・腹筋を6つに割っておきたいという男性なんかは。

>>> でも、男性は腹筋を6つに割るくらいだったらこっちをやってください。

さて、女性が痩せたい場合には、(例えば)上半身と下半身を別の日に筋トレするなど工夫してみましょう。

腕が筋肉痛だからといって、足のトレーニングをしてはいけないということはありません。
むしろ、一日に全身のトレーニングをするよりは、部位別に分けてトレーニングした方が効率がいい場合もあります。

スポーツの競技力向上のために筋トレをしているという場合には、鍛えなければならない箇所も多いと思います。
2グループ、3グループに分けてトレーニングを行わないと時間が足りないということもあるでしょう。

1週間のサイクルで考えた場合に、Aグループの筋肉を日曜日と木曜日に、Bグループを月曜日と金曜日、Cグループを火曜日と土曜日、そして水曜日は休息日、というように計画している人がほとんどです。

ただ、筋トレ初心者の場合は種目数を無理に増やすとおそらくすべてを消化することは不可能になると思います。ベンチプレス・スクワット・デッドリフトあたりの3種目くらいを週2回程度から始めて、慣れてきたら段々と種目数を増やして上記のように週4回とか6回に移行していくというのが一般的です。

ちなみに、休息させるだけでは超回復が起こることはありません。
休息だけではなくちゃんとした栄養補給が効果的な筋力トレーニングには必要です。
トレーニングを始めたばかりの頃はあまり意識しなくても筋力が向上していくことが多いので気にすることもないでしょうが、筋力がアップし種目も増えていくと、かなり食事量(特にタンパク質)を増やさないと筋トレの効果が出ないというケースが増えてきます。

減量しながら筋力アップを目指す場合なんかには特に顕著で、むしろトレーニング管理よりも食事管理のほうが重要・・・というか難しいです。トータルでの摂取カロリーを抑えつつ必要なタンパク質と炭水化物を確保していかなければならないので最初は大変なんですよね。

【参考】

ウエイトを使っての一般的な筋トレというのは、次のような誤解を受けることがあります。

『筋力トレーニングによって鍛えた筋肉は、しょせん筋トレ用の筋肉なのでスポーツでは役に立たない』

実際のところ、こんなおかしな話はありません。恐らく、筋トレが嫌いな人とか頭が古い人が広めた話なのでしょう。昔は「筋トレは筋肉が固くなる」とかって今考えれば訳のわからない話が当たり前にされていましたからね。スポーツ中には水を飲んではいけない、みたいな。

○確かに、そのままでは使えない

しかし、この説には一理あります。筋トレをしてパワーを上げただけではその筋肉は目的とするスポーツでは有効に機能させることができないんですね。

もしも筋トレするだけでスポーツが上達するというのであれば、特にパワー系のスポーツなんかは筋力トレーニングのみで勝てるということになってしまいますから。

だから、スポーツで有効に筋肉を活用しようと思ったら、鍛えた筋肉を自分が目的としているスポーツの動作で使えるようにトレーニングしていく必要があります。

鍛えた筋肉をウエイトでの動作ではなくてスポーツ中の動作で同じパワーを発揮できるように作り直すイメージですね。

○ウエイトと専門トレーニングの両方が必要

ですから、ウエイトと専門トレーニングはどちらかだけをやればいいとか、どちらかが重要だということではないんですね。両方共必要です。

ただ、プロ選手や国のトップを目指しているアマ選手だったら当然どちらも手を抜くことはできないのですが、一般の選手や趣味でスポーツをやっている人であればなかなかこの両方のトレーニングを充実させるのは時間的にも金銭的にも体力的にも難しいという問題があります。

そうなると、基本的には専門トレーニングをやった上で余裕があれば筋トレをする・・・という人がほとんどなのではないでしょうか?

○スプリント系であればウエイト優先でもいい

ちょっと試してみてもいいと思うんですけど、スポーツの種目によっては競技が数十秒で終わるものもあるわけです。また、試合時間が何十分という長さだとしても、その中で数秒の爆発力が最重要になるスポーツやポジションなんかもあるでしょう。

そういった種目やポジションの選手の場合には、専門トレーニングの時間を削ってウエイトトレーニングをやったほうが競技結果が良くなる場合があります。

そのスポーツの技術よりもパワー的な部分が重要だったりすることはよくありますから、伸び悩んでいる場合には一度思い切ってパワーアップをしてみるというのも一つの方法ですよ。

それに、パワーが足りないことでテクニックを身につけられないというケースもありますから、ちょっと自分がスポーツに割く時間でどんなトレーニングをしているのか、そしてそれは競技成績の向上や維持に役立っているのかを見直してみてはどうでしょうか?

柔らかい筋肉の作り方

色んな人の筋肉を触ってみたことはあるでしょうか?同じ『筋肉』でも、人によって硬かったり柔らかかったりするものが筋肉です。これが一番わかりやすいのは背中や肩の筋肉です。硬い筋肉でも柔らかい筋肉でも、どちらも筋力トレーニングによって生み出されるものですが、筋肉を動作させた結果はだいぶ違ってきます。あ、もちろん柔らかい筋肉でも、力を入れると硬くなりますよ。

怪我をしない

柔らかい筋肉の最大の利点は、『怪我をしにくい』ことに尽きるでしょう。筋肉が柔らかいということ自体が、スポーツでの動きの柔らかさに繋がります。ギクシャクした動きの選手と、流れるような動きの出来る選手、どちらが怪我をしやすいと思いますか?

また、同じような負担が筋肉にかかったとしても、硬い筋肉を持っていると、すぐに切れたり伸びきったりしてしまうということが言えるでしょう。

例えば

普段我々が行っているトレーニング法では、どちらかといえば硬い筋肉が出来上がります。が、柔らかい筋肉を作る方法がないわけではありません。普通のトレーニングルームではなかなか見かけないような機器を使って筋力トレーニングを行うのがもっとも良い方法ではありますが、多くの人がお目にかかれるほど台数が存在しているわけではないので・・・。そこで、以下のような方法がとられます。

筋トレの直後に

筋力トレーニングの可動域(腕や足を動かす範囲)と、実際に行うスポーツの動きが異なっていると、トレーニングの効果があまり発揮されないのではないかと心配になる場合があります。

イチロー選手は筋力トレーニングの直後に素振りを行ったりしていたそうです。また、競泳の北島選手などは、筋力トレーニングでベンチプレス系で最大挙上回数が10回のトレーニングをするとすれば、8回挙げて、直後に腕立て伏せを速いスピードで行うということもやっているようです。

彼は、海外の選手と比べたときにそれほど短距離のスピードがあるわけではないのですが(意外ですが)、このようなトレーニングを積むことによってなんとかスピードを補うという努力もしていたのです。

これらの例から考えられるのは、『スポーツのために筋力トレーニングを行うのだから、スポーツに役立つ動きを取り入れなければならない』ということ。これは、筋トレだけでなく通常の練習時にも言えることです。

【参考】

○実はもっと挙げられる

そんなの簡単。実際に持ち上げてみればいい。1回しか持ち上げられない重さにきたら、それが最大筋力・・・というのは実は間違い。一つ目の理由は、この計り方だと、軽いウエイトから順番に挙げていこうとするでしょう?

いくら軽いウエイトから始めたとしても、3回、4回しか挙げられない重さまできたら、相当な疲労が溜まっているはずです(それぞれ1回ずつしか挙げていないとしても)。「あ~、1回しか挙げられない」という重さを調べておいて、3日後にその重さで持ち上げてみたら、実は3回挙げられた、というのが普通でしょう。

 
○クソ力

そして、2つ目の理由。『火事場のバカ力』『火事場のクソ力』という言葉は知っていると思います。火事に限らず自分又は周囲がピンチに陥ったときに、普段では考えられないような能力を発揮する、というものです。

本来は、『火事場の~』の状態が本当のフルパワーなのですが、体は無理な負担をかけることを嫌うので、日常生活では無意識のうちに力を抑制しています。この抑制が外れたものが『バカ力』『クソ力』で、本当の最大筋力というわけです。でも、ウエイトトレーニング中に意識して抑制を外すことなんてできません。

 
○大声コンテスト

重量挙げや投てきなどの競技で、選手が『ドリャ~~~!!!』だの『ウオ~~~!!!』だの『★■×●=▼!!!』などというものすごい叫び声をあげているのはよく見る光景だと思います。

あれは、気合を入れる以外にも、筋肉の抑制を外して極力最大筋力を発揮しようという目的もあるのです。決して、大声コンテストをやっているわけではありません。

効率よく簡単に筋肉をつけたい人のサプリ・・・らしい

ディープチェンジHMB

あまり辛いトレーニングとかをしたくない・・・という人が使っているサプリメントのようです。一人だとトレーニングが続かないとか仕事で忙しくて時間が取れないとかっていうこともありますので。

ただ、正直なところを言うと下で紹介しているような筋トレマニュアルに沿ってトレーニングしてもらったほうが良いでしょう。

どうしてもちゃんとした方法で筋力アップできないという人向けですね。最後の手段っていう感じです。真面目にトレーニングして筋力アップさせたい人はクリックしないほうが良いと思います。

⇒ 効率よく最短・最速で理想のカラダを手に入れたい男性にDCH ディープチェンジHMB

マニュアルに添って進めるなら

⇒ 本気で筋肉を発達させるバルクアップマニュアル~筋トレの本質が分かる~

食事・休養・トレーニングについて基礎から学習し直し、その上で効率よく筋肉を発達させるプログラム。初心者~中級者向け。



・ガリガリで貧相な身体を鍛えて女性にモテたい方に
・筋トレを効率よく行って他の趣味の時間も作り出したい方に
・どんなに頑張って筋トレしても筋肉がつかないと悩んでいる方に

ある程度の経験者はこちらを使っても良いと思います。
サブコンテンツ

このページの先頭へ