1日7分で体脂肪率が26%から6.7%に!



こんな人向けのトレーニング法です。

  • 筋トレしても筋肉がつかない
  • 仕事や勉強が忙しくてトレーニングする時間がない
  • ダイエットしようとしてもいつも失敗する
  • 減量すると脂肪は減るが筋肉も減って悩んでいる
  • なるべく時間とお金をかけずに体型を変えたい
  • とにかく筋トレが苦痛
  • とにかく筋トレが続かない

他のトレーニング法との違い

一時的にだけ筋力アップする方法ではない

流行のトレーニング法では、一時的に筋肉量がアップした後の伸びがありません。

自己流での食事制限と違ってリバウンドすることがない

食事制限と違ってリバウンドすることがない

自分で適当に食事制限をすると、急激に体重が減った後に
それ以上の大きなリバウンドがやってきます。
このトレーニング法では基礎代謝が下がらないので
体型を簡単に維持することが可能です。

ジムでのトレーニングと違い、「ジムに通うことが目的になって体型が変わらない」ということがない

毎日ジムに通っている人を見てください。
体型が変わっているように見えますか?
多くの人は、ジムに通って楽しく時間を過ごすことが目的になっています。
このトレーニング法は、1日7分という限られた時間集中することであなたの目標を達成します。

実践するとどうなるか?

  • ナチュラルな細マッチョになれる
  • スポーツでも通用する筋肉をつけられる
  • モテる体型になる
  • 女性が触ってくる(汗)
  • キレイな腹筋が手に入る
  • 内臓脂肪が減る
  • 健康診断の数値が良くなる
  • 食欲のコントロールができるようになる
  • スポーツジムに通う必要がなくなる
  • ただし、服は買い換えることになる

実践者による口コミ

最初の頃は痩せていたので周囲からからかわれていたのですが、今は全体的に筋肉がついたのでTシャツを着て外に出られるようになりました。
(岡山県・30代男性)

日に日に腹回りが小さくなっていくことに感激しました。スポーツジムでランニングマシンに乗り続けた日々は何だったのでしょうか。世間のメタボ対策は間違いだらけです。
(岐阜県・40代男性)

スポーツジムでランニングマシン

今までずっとデブキャラだったのですが、痩せたことによって良い学生生活を送ることができています。友人関係も再構築することができて性格も明るくなったと言われます。
(富山県・20代男性)

キャンペーン情報

現在、先着購入者割引キャンペーン中です。
さらに、購入特典として以下のものがついてきます。

  1. マニュアルの無償バージョンアップ
  2. 男のストレス克服術
  3. お腹まわりをスッキリさせるテクニック
  4. イヤなニオイを消す方法
  5. 疲れた体と心を癒やすリラクゼーションCD
  6. キャッシュバックキャンペーン
  7. 筋トレのQ&A集
  8. 下半身に力が漲る方法
  9. ボディメイクによく効く食材解説集
  10. さらに、秘密の特典あり

自己流のダイエットをしていてもなかなか痩せないという方、
筋トレでなかなか筋肉がついてくれないという方に最適です。

女性の筋トレメニューはどんな種目をやればいいのか

女性が筋力トレーニングを始めようと考えた時のメニューについてなんですが、特に女性だからと言って男性と違った特殊なメニューにする必要はありません。

確かに持ち上げられる重量は男性よりもかなり軽目になることがほとんどなんですけど、使用する器具や種目については全く同じもので十分なんですね。

基本はBIG3

そういったわけで、女性の筋トレメニューも基本はBIG3を行っていくということになります。

スクワット
ベンチプレス
デッドリフト

最初はウエイト無しでやっても構わないと思いますし、動作に慣れてきたらダンベルなどを持って負荷をかけてみるといいですね。

自宅にバーベルを用意できる女性はほとんどいないでしょうし(男性でも自宅にバーベルセットを準備している人はまずいませんから)、ある程度筋力アップするまでは自重でのトレーニングやダンベルトレーニングでも大丈夫でしょう。

ちょっと恥ずかしくて・・・という場合にはメニューの工夫を

手持ちのダンベルなどでは全然重さが足りなくなってきたという場合には、本格的にスポーツジムに通うかメニュー内容の工夫をするかという選択肢になります。

ただ、どこのスポーツジムに行ってみても女性が筋力トレーニングを一生懸命やっているという姿を見ることはできませんね。

スポーツジムに通う女性というのはその大半がエアロビクスやランニング・サイクリングのような有酸素運動をしに来ていますから、筋トレ用のマシンを使うことがあってもせいぜい「ウォーキング前にちょっとやると痩せやすくなる」程度の意識です。

 
マシンでの筋力トレーニングをほとんどの女性がやらないわけですから、バーベルを使ってベンチプレスやスクワット・・・なんてなかなか恥ずかしくてできないでしょう。

それ以前に、バーベルを使える場所が確保されていたとしても男性さえトレーニングしていないでしょうし、そもそも安全性が確保できないということでマシントレーニングしかできないスポーツジムが日本では大半です。

 
ですので、普通のスポーツジムを利用する場合にはバーベルを使ったベンチプレスではなくてダンベルプレス、バーベルでのスクワットではなくダンベルを胸の前に抱えたスクワット(ゴブレットスクワット)、という感じになるでしょう。

さすがに私達が自宅に用意できるダンベルよりは重さも種類も多いでしょうから、何とかしてこれを活用していきたいものですね。

 
スポーツジムに通わないという場合には、

筋トレの動作をゆっくりにする(スロートレーニング)
筋トレの動作を速くする(クイックトレーニング)

ということによって筋肉に新しい刺激を加えましょう。

いつも筋トレしているけど全く体型が変わらない人の特徴としては(特にオッサンに多いです)、一年中同じ重さで同じ回数のトレーニングを繰り返しているということがあります。

重さや回数、時間などを変えてより大きな負荷をかけていくようにしないと筋トレをしている意味がありませんよ。

メニュー内容よりも、限界までやらないことのほうが問題

そして、女性の筋トレメニューで大きな問題となるのがこれ。

筋トレをする時に自分の限界の回数までやらずに「これくらいでいいか」となってしまうこと。

 
特に雑誌やテレビで何らかの筋トレが紹介される時っていうのは、「5回×3セット」「10回×2セット」と回数が指定されていることがほとんどです。

それをバカ正直に受け取ってしまい、自分では20回できる重さのトレーニングなのに10回で止めてしまうという女性が多いんですよね。

これだとトレーニング効果はゼロに近いですから、やってもやらなくても結果的に全然変わらないでしょう。

雑誌やテレビで紹介される『10回』というのは、10回くらいしかできないような重さを持って筋トレしろ、ということです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ